光やレーザーで脱毛する前に注意すべきことは?痛くない脱毛を目指そう!


光脱毛とレーザー脱毛

サロンや医療機関等の専門機関では、光脱毛、レーザー脱毛を取り入れているところが数多くあります。光脱毛とレーザー脱毛は、強い光を照射することで、毛に含まれるメラニン色素に熱を発生させます。メラニン色素から発せられた熱は毛根に負荷を与え、成長速度を弱めます。毛が成長しにくくなるため、むだ毛が目立ちにくくなるのです。なお光脱毛に比べて、レーザー脱毛はより強い光を照射します。そのため毛根を完全に壊すことも可能です。

毛の長さに注意しよう!

光脱毛やレーザー脱毛を受ける際、毛はある程度短くする必要があります。毛が長いとその分毛に含まれるメラニン色素の量も多くなります。毛に含まれるメラニン色素の量が多いと、発生される熱の量も多くなります。毛根や肌にかかる負荷が大きくなり、痛みにつながる可能性があります。そのため光脱毛やレーザー脱毛を行う前に、カミソリか電気シェーバーで毛をある程度短くしておく必要があります。なおデリケートゾーンや背中等、自己処理では難しい部分は専門機関である程度処理する可能性もあります。事前に相談しておきましょう。

日焼けに注意しよう!

光脱毛やレーザー脱毛は、日焼けをしていると受けられない可能性があります。日焼けした肌にはメラニン色素が多く含まれています。光脱毛やレーザー脱毛は毛だけでなく、その周辺の肌にも強い光を当てています。肌に含まれるメラニン色素が光を吸収し、熱を発生させることで火傷に近い状態になる恐れがあります。日焼けをしているとその分痛みが生じやすくなるため、光脱毛やレーザー脱毛での処理が難しくなるのです。光脱毛やレーザー脱毛で処理する際は日焼けを避けるようにしましょう。

えりあしの脱毛を希望している人は一体どの位いるのでしょうか。ワキや脚などに比べ馴染みが無い箇所ですが、えりあしの毛が濃い人は考えていてもおかしくないはずです。