シミとおさらばしたい!抑えるべきポイント


シミって何?シミのできる原因は

まず、シミのできる原因を理解し、正しいシミ対策をしていきましょう。

シミのできる最大の原因は紫外線です。肌が紫外線を感じると、肌の奥の細胞を守るために「メラニン」が生成されます。このメラニンは通常約28日の肌のターンオーバー(新陳代謝)によって排出されていきます。ところが、何らかの原因により、メラニンが過剰生成されたり、肌のターンオーバーが乱れたりすると、このメラニンが肌に沈着してしまい、シミとなります。

もう一つ原因はにきび跡などの色素斑です。にきびを触ったり、つぶしたりした刺激により、回復後に跡が残ったものです。

シミの予防法とシミとり法

まずは原因となる「メラニン」が生成されないように、紫外線対策が一番重要です。市販の日焼け止めクリームや化粧品を使いましょう。

紫外線対策についてはすでに完璧という方は、次にメラニンの代謝を高める(肌のターンオーバーを促進する)お手入れをしてみましょう。これは既にできてしまったシミにも効果的です。美白効果のあるクリームやマスクがおすすめです。

そして、見落としがちなのが内側からのケアです。原因となるメラニンの生成を抑制し、生成されたメラニンを薄くしてくれるのが、ビタミンCやビタミンEです。これらの栄養素は緑黄色野菜などに多く含まれているので、毎日の食事に積極的に取り入れてみてください。

また、ストレスやたばこ、不規則な生活はメラニンの過剰生成または排出不良を促してしまいます。

しっかりと紫外線対策をしながら、規則正しい生活と健康的な食生活により、メラニンの代謝を高め、シミのない美しい肌を目指していきましょう。

シミの予防には紫外線対策が必要不可欠になりますが、紫外線の少ない冬も含めて年間を通して行うことが大事です。