血液を綺麗にして健康に!血液クレンジングとは?


血液クレンジングって何?

血液クレンジングとはドイツやイタリアで行われてきた治療の一環で、体内の血液を一度取り出してオゾン化した後に体内に戻すという医療行為になります。1回の血液クレンジングにかかる時間はおよそ30分程度とされていて、針を差し込む際の痛み以外はほとんど痛みがないとされています。
病気が原因で行われる治療というよりも健康維持のための治療として認識されているため、日本では健康保険外の治療として行われています。また美容クリニックをはじめとして一部の医療機関でのみ行われているので、その点も注意が必要です。

血液クレンジングの効果は?

血液クレンジングを行うことで得られる効果としてまず挙げられているのが、アンチエイジングです。
血液クレンジングでは機能が衰えている血液をオゾン化することで、新陳代謝を活性化させることがで期待できます。結果的に細胞全体を活性化させたり血液の流れをよくしたりすることができるので、アンチエイジングのほかにも冷え性の改善や疲労回復の効果も期待できるようです。
また肩こりや腰痛をはじめとした体の痛みを解消する効果もあると言われ、病気によって体が痛いという人の症状が緩和することもあるとされています。このように幅広い効果が期待できるところが、血液クレンジングのメリットです。

血液クレンジングのデメリットは?

基本的に血液クレンジングは行っても副作用はないので、デメリットはほとんどないと言われています。安全性も問題ないとされているので、気軽に利用できる医療行為として人気です。
ただ唯一のデメリットとして、健康保険が利用できない点があります。そのため実施する際には実費になるため、注意が必要です。

血液クレンジングというと聞きなれないですが、血液をサラサラにして免疫機能や、自然治癒力を高めるためのものです。ヨーロッパではポピュラーで、美容と健康に、老化防止に月に1、2回程度行うのがおすすめです。