保湿効果が絶大!ヒアルロン酸の特徴を知ろう


1gで6Lもの水分をキープできる

ヒアルロン酸は乾燥対策に良い成分ということは何となく知っていても、どのくらいの保湿効果があるかは分からないという人も多いのではないでしょうか。ヒアルロン酸は元々、人の体内でも作られている成分です。何と1gで6Lもの水分をキープできると言われています。500m?のペットボトル12本分もの水分を、たった1gで得られるのです。ヒアルロン酸があることで肌の水分は保たれ、潤いも持続します。また潤い感のある肌はハリ感もアップするので、若々しい肌を維持するためにヒアルロン酸は必要不可欠な成分ということが言えます。

20代をピークに量が減少

美肌・アンチエイジングに効果的な成分のヒアルロン酸、身体の中でも作られますが実は20代をピークにその量は減っていきます。40歳代からはその減少スピードが急激に速まり、60代ともなると20代の約半分以下にまで減ってしまうと言われているのです。年齢を重ねるごとに身体の中から減っていってしまうヒアルロン酸を上手く補充するということが、お肌の若さをキープできるポイントです。

化粧品で取り入れよう

年々、減少してしまうヒアルロン酸ですが化粧水や美容液、乳液にクリームといった基礎化粧品で補うことが可能です。保湿力の高い基礎化粧品であれば、多くの商品にヒアルロン酸は含まれています。価格帯も様々で1000円程度のリーズナブルな基礎化粧品にも、ヒアルロン酸は配合されているので手軽に保湿ケアが行えます。スキンケアは毎日行うものですので、ヒアルロン酸配合の基礎化粧品を選び肌の潤いアップを目指してみてはいかがでしょう。

ヒアルロン酸とは人間の体内にある成分で、皮膚の弾力性や柔軟性を保つ働きがあります。しかし年を重ねると徐々に量が減ってしまうので、体外から補給する必要があります。