歯列矯正の期間と費用はどれくらいになるのか


歯列矯正のときにかかる期間はどれくらいか

歯列矯正を行う場合、どれくらいの期間がかかるのかは患者の年齢によって多少異なります。子供であれば比較的短期間で完了しますが、大人の場合は症状によって長期間となることが少なくありません。基本的に治療を行う前には虫歯や歯茎の治療を行うことが必要となる人もいるため、準備期間が存在しています。歯や骨格のレントゲンを様々な角度から撮影し、現在のかみ合わせの検査や健康状態などをチェックし、問題がないと判断できれば治療プランを患者の都合に合わせて計画し、実行に移します。矯正期間は表側に器具をつける場合は1年から3年、裏側の場合2年から4年、マウスピースの場合は1年から3年、インプラント矯正は長くても1年半前後です。矯正歯科によって受け付けている治療に違いがあるため、事前に確認しましょう。

歯列矯正によってかかる費用は

歯列矯正の費用は子供・大人と多少費用が異なります。大人の方が費用は高額になる可能性が高いため、少しでも費用を抑えたいなら早いうちから治療を受けさせたほうが良いでしょう。保険診療とはならず自由診療となりますが、医療費控除の対象となるため、利用した金額が一部返還される可能性が高いです。子供の場合、小学校低学年であれば30万から50万円前後、小学校高学年から中学生の場合は40万から60万前後とされています。歯並びの状態や歯の生え変わりなどを含めて、トータルでかかる費用です。大人の場合には65万円から100万円前後とされていますが、基本の矯正代金でそれ以外に初診料・相談料・精密検査費用・診断料・器具調整費用などがかかるため、さらに金額は高くなります。

三鷹の矯正歯科に多くの来院者が訪れるのは、高品質な診察や治療をしているからです。時代に合わせての取り組みにも余念がありません。